顔面引き上げと大変身

Tentoonstelling Facelifts Makeovers Beeld Uitsnede

2021年10月7日~2022年1月9日 - マウリッツハイスの屋根裏に修復工房があることは、あまり知られていません。ここで、当館専属の修復士のチームが、保存、修復、研究の作業に励み、コレクションを最善の状態に保つようにしています。

2021年は、屋根裏に修復工房が設けられて約25年になります。顔面引き上げと大変身では、レンブラント、フェルメール、ハルス、ステーン、ルーベンスの絵画、またコルネリス・ド・ヘームやヤコブ・オクテルフェルトなどの知名度がそれほどでない画家の絵画などの、25年間の最も興味深い修復が披露されます。数世紀前に描かれた絵画の修復は、想像力がかきたてられます。作品には何が含まれているのでしょうか?保存方法から何を知ることができるのでしょうか?絵画の「ビフォー」「アフター」はどう違うのでしょうか?一番の驚きの発見は何だったのでしょうか?