Information

All information page results

Collection

All collection results
Outdated Browser Detected

Our website has detected that you are using an outdated browser. Using your current browser will prevent you from accessing features on our website. An upgrade is not required, but is strongly recommended to improve your browsing experience on our website.

Close

企画展


Rogier van der Weyden (en atelier), De bewening van Christus, c. 1460-1464?, Mauritshuis Den Haag

Rogier van der Weyden (and studio), ロヒール・ファン・デル・ウェイデン(とスタジオ)、「キリストの哀 悼」、1460~1464年?マウリッツハイス・デン・ハーグ. Mauritshuis, The Hague

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン~研究と修復

2018年6月14日~9月9日. マウリッツハイスはその最も古くて特別な作品の研究と修復を行います。ロヒール・ファン・デル・ウェイデンが1460~-1464年頃に描いた「キリストの哀悼」です。このブリュッセルを拠点とした画家は、ヤン・ファン・エイクとともに、フランドルの創始者と考えられています。企画展の開催中、公開修復が行われます。技術と美術史に関連する様々な問題が調査されます。どのように絵画が作られたのでしょうか。サインの役割とはどのようなものだったのでしょうか。誰に帰属していたのでしょうか。この作品の役割とは何だったのでしょうか、誰が依頼したのでしょうか。この素晴らしい絵画について学ぶことができ、また美術館の修復工房の舞台裏をのぞくことのできる企画展です。


Ambrosius Bosschaert I, Merel, vlinder en kersen, c. 1635 – 1645. Ham House, Surrey, The National Trust.

Ambrosius Bosschaert II, アンブロジウス・ボスハールト2世、「クロウタドリ、蝶とさくらん ぼ」、 1635~1645年サリー州ハム・ハウス、ナショナル・トラスト – 1645. Ham House, Surrey, The National Trust

英ナショナル・トラストのオランダ絵画

2018年10月11日~2019年1月6日. イギリスのカントリー・ハウスは、伝統的にオランダの黄金時代の巨匠の拠点でした。ほとんどの作品は18世紀、カントリー・ハウスの絶頂期に購入されました。時間が経過するにつれ、多くの所有者が資金調達のために作品を売らざるをえなくなりましたが、それでも今日、カントリー・ハウスには、優れた絵画の多くが残っています。この企画展では、ナショナル・トラストが管理しているカントリー・ハウスのオランダの選りすぐりの絵画が紹介されます。これはマウリッツハイスでは初めてのことです。オランダでは、これらの作品が展示されたことはありません。

 

レンブラント、「テュルプ博士の解剖学講義」、1632年

マウリッツハイスのレンブラント(作業タイトル)

2019年1月31日~9月15日 - マウリッツハイスには、世界で最も有名かつ重要なレンブラントの 絵画のコレクションの一つがあります。レンブラントに帰属してい るまたは帰属していたコレクションの絵画18枚すべてが展示されま す。「テュルプ博士の解剖学講義」およびレンブラントの晩年の自 画像といった傑作だけでなく、レンブラント作とはもはやみなされ ていない作品やほとんど公開されていない絵画も含まれます。これ らの作品すべてが一つになって、数世紀を通じたレンブラントの認 識を示します。

 

ニコラース・マース、「レースを編む老女」、1655年, Mauritshuis, Den Haag

ニコラース・マース(作業タイトル)

2019年10月17日~2020年1月19日 - マウリッツハイスは2019年秋、レンブラントの最も才能のある弟子の一人、ニコ ラース・マースの展示会を行います。これはドルドレヒト出身のマースの最初の 回顧展です。マースは聖書を表現する絵画を描くことからキャリアを開始しまし た。これは師匠の影響を明確に示すものです。その後、家事にいそしむ女性な ど、家庭の親密なシーンを描きました。1660年代からは、ドルドレヒトやアムス テルダムの顧客の間で人気のあった、上品なスタイルの肖像画を描くようになり ました。30枚以上の絵画を展示しながら、マースの異なる作品のすべての側面を 浮かび上がらせます。

Share this page