Information

All information page results

Collection

All collection results
Outdated Browser Detected

Our website has detected that you are using an outdated browser. Using your current browser will prevent you from accessing features on our website. An upgrade is not required, but is strongly recommended to improve your browsing experience on our website.

Close

企画展


隣人
1400~1700年の肖像画

2017年9月7日~2018年1月14日。南オランダ(現在のベルギー)では1400~1700年、肖像画の最盛期を迎えていました。この3世紀、貴族や裕福な市民は、当時の一流フランドル画家に自分自身を描いてもらい、永遠化してもらっていました。これらの肖像画は、顔の特徴と性格を絵画に反映させる優れた方法により、非常に印象的なままとなっています。 2017年秋、マウリッツハイスでは、アントワープ王立美術館(KMSKA)の選りすぐりのフランドルの肖像画が展示され、その物語が伝えられます。ロヒール・ファン・デル・ウェイデン、ハンス・メムリンク、ピーテル・プルビュス、ピーテル・パウル・ルーベンス、アンソニー・ヴァン・ダイクの主要な作品が並びます。これらの肖像画の展示は初めてです。マウリッツハイスのコレクション、アムステルダム国立美術館のヤーコブ・ヨルダーンスの肖像画に補完されます。肖像の描かれた人のほぼ全員を特定できるのは、驚きです。フランドル肖像画を特別にしているものは何かというだけでなく、肖像を描いてもらった人々は誰か、どのように見られることを望んでいたかがわかる展覧会となっています。 この展覧会はマウリッツハイスのみで見学可能で、改装工事のために2019年まで閉鎖されているアントワープ王立美術館とのコラボレーションになっています。

Share this page