Information

All information page results

Collection

All collection results
Outdated Browser Detected

Our website has detected that you are using an outdated browser. Using your current browser will prevent you from accessing features on our website. An upgrade is not required, but is strongly recommended to improve your browsing experience on our website.

Close

企画展


Polesden Ter Borch

The Introduction, c. 1662, Oil on canvas, 76 x 68 cm, National Trust, Polesden Lacey, Surrey

英ナショナル・トラストのオランダ絵画

2018年10月11日~2019年1月6日. イギリスのカントリー・ハウスは、伝統的にオランダの黄金時代の巨匠の拠点でした。ほとんどの作品は18世紀、カントリー・ハウスの絶頂期に購入されました。時間が経過するにつれ、多くの所有者が資金調達のために作品を売らざるをえなくなりましたが、それでも今日、カントリー・ハウスには、優れた絵画の多くが残っています。この企画展では、ナショナル・トラストが管理しているカントリー・ハウスのオランダの選りすぐりの絵画が紹介されます。これはマウリッツハイスでは初めてのことです。オランダでは、これらの作品が展示されたことはありません。

 

レンブラント、「テュルプ博士の解剖学講義」、1632年

マウリッツハイスのレンブラント(作業タイトル)

2019年1月31日~9月15日 - マウリッツハイスには、世界で最も有名かつ重要なレンブラントの 絵画のコレクションの一つがあります。レンブラントに帰属してい るまたは帰属していたコレクションの絵画18枚すべてが展示されま す。「テュルプ博士の解剖学講義」およびレンブラントの晩年の自 画像といった傑作だけでなく、レンブラント作とはもはやみなされ ていない作品やほとんど公開されていない絵画も含まれます。これ らの作品すべてが一つになって、数世紀を通じたレンブラントの認 識を示します。


ヤン・デ・バーン作「ヨハン・マウリッツ(1604~1679)肖像画」、ナッサウ・ジーゲン伯、マウリッツハイス創設者、1668~1670年

ヨハン・マウリッツの肖像画と認識(作業タイトル)

2019年4月4日~7月7日~マウリッツハイス美術館で、美術館建物の名前になっているナッサウ・ジーゲン伯ヨハン・マウリッツ(1604-1679)のイメージづくりと異なる認識に関する企画展が開催されます。17世紀にオランダ領ブラジル総督を務めた時代のマウリッツの評判から、マウリッツの人生および仕事の現代的な解釈までの、さまざまな認識が示されます。ぜひこの企画展にお越しになり、独自の視点を当美術館とご共有ください。当美術館は現在、2019年4月4日に始まる企画展のコンセプトを制作中です。詳細(英語のみ)。

 

ニコラース・マース、「レースを編む老女」、1655年, Mauritshuis, Den Haag

ニコラース・マース(作業タイトル)

2019年10月17日~2020年1月19日 - マウリッツハイスは2019年秋、レンブラントの最も才能のある弟子の一人、ニコ ラース・マースの展示会を行います。これはドルドレヒト出身のマースの最初の 回顧展です。マースは聖書を表現する絵画を描くことからキャリアを開始しまし た。これは師匠の影響を明確に示すものです。その後、家事にいそしむ女性な ど、家庭の親密なシーンを描きました。1660年代からは、ドルドレヒトやアムス テルダムの顧客の間で人気のあった、上品なスタイルの肖像画を描くようになり ました。30枚以上の絵画を展示しながら、マースの異なる作品のすべての側面を 浮かび上がらせます。

Share this page