アクセスのしやすさ

Bezoekers In Het Mauritshuis Vader In Rolstoel Met Kind Op Schoot Voor De Stier Van Paulus Potter

お一人でも団体でも、歩いてでも車椅子でも、すべての方をマウリッツハイスおよびウィレム5世ギャラリーで歓迎いたします。当館の経験豊富なチームが、いつでもお手伝いいたします。

車椅子にお乗りである、歩行が困難である、または感覚障碍をお持ちであられますか?当館はいつでも対応しております。監督者/付き添いの方の入館は無料です。ご入館を可能な限りスムーズかつ快適にする当館の取り組みを、詳細にご覧ください。

歩行困難

車椅子、杖、歩行用スツールを、当館サービスデスクで貸し出しております。事前にご予約ください。予約については、+31 (0) 70 -302 3456までお電話で、またはmail@mauritshuis.nlまで電子メールで、ご連絡ください。当館のすべての展示室に椅子がございます。また、車椅子をご利用の方専用のトイレがございます。ロビーのクロークルームの後ろに、この施設がございます。

パーキング

当館のすぐそばに、体の不自由な方のための駐車スペースがいくつかございます。

以下のスペースが最も当館に近いです。

  • Plein 24
  • Lange Houtstraat 9

電動車椅子の方 

電動車椅子をご使用ですか?マウリッツハイスの大部分のエリアで、問題なく移動することができます。ただし、電動車椅子の寸法が幅78cm以上、または長さ150cm以上ですと、歴史建物のエレベーターに乗ることができません。常設展は、この建物にあります。寸法の合う車椅子をご予約いただけます。予約については、+31 (0) 70 -302 3456までお電話で、またはmail@mauritshuis.nlまで電子メールで、ご連絡ください。 

車椅子の団体様

車椅子の方または歩行困難な方が複数人含まれる団体での来館をご希望ですか?その場合は、+31 (0) 70 -302 3456までお電話で、またはmail@mauritshuis.nlまで電子メールで、ご連絡ください。当館スタッフが、必要なお手伝いをいたします。

監督者および介助犬 

監督者/付き添いの方の入館は無料です。+31 (0) 70 -302 3456までお電話で、またはmail@mauritshuis.nlまで電子メールで、ご連絡ください。マウリッツハイスには、介助犬/盲導犬と一緒にご入館いただけます。 

混雑を避ける 

人が少ないときの来館をご希望ですか?15:00以降、または月曜日にマウリッツハイスへお越しいただくのが最善です。空いている時間の詳細は、当館までご連絡ください(電話+31 (0) 70 302 3456または電子メールmail@mauritshuis.nl)。  

一般的に、細かく来館の事前準備をしてておくと、動きやすくなります。たとえば、自閉スペクトラム症の方とご来館する場合です。当館の準備文書をご覧ください。 

文字に変換 

展示品を見ながら、その詳細をマウリッツハイス アプリで知ることができます。文章、動画、音声の形式になっています。アプリがあると、音声ガイドを文字に変換することもできます。 

ご利用可能なプログラム 

認知症の方とその監督者/付き添いの方向けのガイド付きツアー 

認知症の方とその監督者/付き添いの方のために、特別な「思い出のマウリッツハイス」をご用意しました。この特別な館内歩行ツアーは、毎月開催されており、団体様向けにも企画可能です。事前に、電子メールonvergetelijk@mauritshuis.nlでご予約ください。  

オランダ語の学習

マウリッツハイスの絵画を通してオランダ語を実践的に学ぶことで、語いが彩り豊かになります。これを目的にしているのが、NT2ツアーです。ツアーガイドと一緒に美しい作品を探索して、17世紀のオランダの生活がどのようなものだったのかを感じ取ってください。

当時から現代までの衣服、家族、食べ物などの題材について、調べ、話し合い、学びながら、オランダ語を実践的に学びます。事前に、NT2ツアーを電子メールmail@mauritshuis.nlでご予約ください。

窓口

マウリッツハイスご見学中、何時でもお手伝いいたします。事前にご不明な点などございましたら、+31 (0) 70 -302 3456までお電話で、またはmail@mauritshuis.nlまで電子メールで、ご連絡ください。