Informatie

Alle informatie pagina resultaten

Collectie

Alle collectie resultaten
Verouderde browser

We zien dat je een verouderde browser hebt. Het kan zijn dat deze site daardoor niet goed weergegeven wordt. We adviseren je om je browser te updaten, indien mogelijk, naar de laatste versie.

Sluiten

企画展

マウリッツハイス美術館は、オランダ黄金時代最高の絵画の本場です。世界的に有名なたくさんのコレクションが、デン・ハーグの中心部に位置する17世紀の建物の中にあります。フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、レンブラントの「テュルプ博士の解剖学講義」、ファブリティウスの「五色ヒワ」、ポッテルの「雄牛」などの名作は、くつろいだ上品な展示室内の常設展で展示されています。


ニコラース・マース レンブラントの多彩な弟子 ニコラース・マース「立ち聞き」(1656年頃)、ロンドン、アプスリー・ハウス(ウェリントン美術館

ニコラース・マース レンブラントの多彩な弟子

2019年10月17日~2020年1月19日 -ニコラース・マースは、レンブラントの最も才能のある弟子の一人です。マウリッツハイスは、ロンドンのナショナル・ギャラリーと共同で、マースについての初の国際的な展示会を開催します。ここでは、さまざまな作品の全側面を考察します。30枚ほどの絵画は、作者の芸術的進化の異なる段階を現すもので、長き創作生活のなかで優れた歴史画、風俗画、エレガントな肖像画を描いていきました。風俗画、特に家事に没頭する女性たちの絵画により、17世紀に最も引く手あまたの画家の一人になりました。女中の逢引きの様子をうかがう女主人を描いている、マースの立ち聞き作品は、特に人気です。この企画展は2019年10月17日にデン・ハーグで始まり、ロンドンで2020年2月22日~3月31日まで開催されます。


スタッブス ジョージ・スタッブス「ホイッスルジャケット」(1762年頃)

 

スタッブス

2020年2月20日~6月1日 - ジョージ・スタッブス(1724~1806年)は、18世紀のイギリスの最も重要な画家の一人です。ですが、オランダでは、ほとんど知られていません。スタッブスが初めて、マウリッツハイスにお目見えします。オランダではこれまで、スタッブス展が開催されたことはありませんでした。この企画展の目玉は、ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵の実物大の傑作「ホイッスルジャケット」です。13枚の絵画、10枚の解剖図、世界的に有名な競走馬エクリプスの本物の骨から、スタッブスがいかにしてイギリスの主要な馬の画家になっていったのかを探ります。

マウリッツハイスは、イギリスのミルトン・ケインズのMKギャラリーと共同で開催します。当地で2019年10月11日~2020年1月26日に、「ジョージ・スタッブス」展として開催されます。「すべての事象は自然から」。

 


マウリッツハイスの修復修復中のフランス・ハルスの作品「アレッタ・オリーカン肖像画」(1625年)の詳細

マウリッツハイスの修復

2020年7月2日~10月25日 - マウリッツハイスの屋根裏に修復工房があることは、あまり知られていません。コレクションを最高の状態に保つため、当館の修復士のチームが保全、修復、調査に専念しています。2020年は、屋根裏に修復工房が設けられて25年の節目の年です。この絶妙のタイミングで、レンブラント、フェルメール、ハルス、ステーン、ルーベンスの絵画、またコルネリス・ド・ヘームやヤコブ・オクテルフェルトなどの知名度がそれほどでない画家の絵画などの、25年間の最も興味深い修復を考察します。数世紀前に描かれた絵画の修復は、想像力がかきたてられます。作品には何が含まれているのでしょうか。修復から何を知ることができるのでしょうか。修復前から修復後に、どのように変わったのでしょうか。一番の驚きの発見は何だったのでしょうか。


オランダ黄金時代のにおいと想像 ヤン・ブリューゲル(子)「臭覚の寓意」(1630年頃)個人コレクション

オランダ黄金時代のにおいと想像

2020年11月26日~2021年4月5日 - この企画展では、17世紀を嗅覚で感じ取ります。かぐわしき花と香水、悪臭のただよう運河、不快な体臭、においと健康、遥かなる地の新しいアロマ(香辛料、タバコ、コーヒーと紅茶)、漂白場、古い工芸品などの消えるにおいなど。オランダ黄金時代の生活をにおいの中で察知できるでしょうか?においはどのように描写されているでしょうか?昔の人はどのぐらいにおいを重視していたのでしょうか?絵画にはどのようなアロマ的ニュアンスがあるのでしょうか?この企画展で、マウリッツハイスはにおいの歴史の調査を行います。さまざまな歴史のにおいが作品の周囲をただよい、展示絵画が息吹を放ちます。

Deel deze pagina